総合型クラブ天の架け橋〜rainbow〜規約

(名称)

第1条 この団体は、総合型クラブ天の架け橋〜rainbow〜(以下「本会」という)と称する。

(事務所)

第2条 本会の事務所は宮津市字浜町3000番地に置く。

(目的)

第3条 本会は、「生涯スポーツ社会」の実現に向け、「いつでも」「だれでも」「いつまでも」スポーツ等の活動に気軽に参加できる環境づくりと、市民の健全な心身の保持増進、豊かなコミュニケーションづくりに寄与することを目的とする。

(事業)

第4条 本会は、前条の目的を達するため、次の事業を行う。 (1)各種スポーツ教室の開催 (2)各種スポーツ交流大会及びイベントの開催 (3)会員及び地域住民の交流の場の提供 (4)その他本会の目的達成のために必要な事業

(入会)

第5条 本会に入会できる者は、クラブの目的に賛同する宮津市民及び宮津市在勤者とする。ただし、運営委員会の承認を得た場合はこの限りではない。
2 会員として入会しようとするものは、理事長が別に定める入会申込書により、理事長に申し込むものとし、理事長は正当な理由がない限り、入会を認めなければならない。ただし、非会員として前条に掲げる事業への参加を希望するときはこの限りでない。
3 本会に入会した者は、本会が別に定める規程を遵守しなければならない。

(会費及び参加料)

第6条 会費及び参加料の額及び納入方法は、別に定めるものとする。
2 会員期間中に退会を希望するとき、既納の会費は返還しない。

(会員の権利)

第7条 会員は本会が発行する会報の配布を受け、本会が行うすべての事業に参加することができる。

(役員及び定数)

第8条 本会に次の役員を置く。

(1) 理事長 1人
(2) 理事 10人以内
(3) クラブマネージャー 若干名
(4) 事務局長 1人
(5) 運営委員長 1人
(6) 運営委員 20人以内
(7) 監事 2人

(選任等)

第9条 本会の役員の選任方法は次のとおりとする。
(1)理事長、副理事長、事務局長
理事の中から互選する。 ただし、運営委員長は、理事長、副理事長及び事務局長を兼ねることができない。
(2)理事
宮津市体育協会選出者、宮津市民体育館指定管理者の職員、宮津市スポーツ推進委員会選出者、宮津市教育委員会事務局総括室職員、運営委員長並びに有識者をもって充てる。
(3)クラブマネージャー
日本体育協会公認クラブマネージャー又はアシスタントマネージャー公式資格取得者又は取得予定者とし、理事会で承認された者とする。
(4)運営委員長
運営委員の中から互選する。
(5)運営委員
各種目部会から選出する。
(6)監事
会員の中から選出する。

(職務)

第10条 理事長は、本会を代表し、その本会の業務を総理する。
2 副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故あるとき又は理事長が欠けたときは、その職務を代行する。
3 クラブマネージャーは、本会の育成指導及び、経営管理、経理事務を行う。
4 運営委員長は、理事長の命を受けて本会の事業の執行を統括する。
5 事務局長は、事務局を統括する。
6 運営委員は、運営委員会を構成し、各種目部会を運営する。
7 監事は本会の会計を監査する。

(任期)

第11条 本会の役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
2 役員は、その任期満了後にあっても後任者が就任するまでは、なおその職務を行う。
3 補欠又は増員によって就任した役員の任期は、それぞれの前任者又は現任者の任期の残存期間とする。

(解任)

第12条 役員が次の各号の一に該当するに至ったときは、理事会に諮り、これを解任することができる。
ただし、当該役員に対して、理事会において弁明の機会を与えなければならない。
(1)心身の故障のため、職務の遂行に堪えないと認められるとき
(2)職務上の義務違反その他役員としてふさわしくない行為があったとき

(理事会)

第13条 理事会は、理事で構成し、通常理事会は年2回開催し、次の議案について協議し決定する。 ただし、必要に応じて臨時理事会を開催できるものとする。
(1)事業計画及び予算に関すること
(2)事業報告及び決算に関すること
(3)役員の選任及び解任に関すること
(4)規約の改廃に関すること
(5)その他本会の運営に関して重要な事項
2 理事会は、理事長が召集し、議長となる。
3 理事会は、構成員の過半数の出席(委任状出席を含む)をもって成立する。
4 理事会の決議は、出席者の過半数の同意をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(運営委員会)

第14条 運営委員会は、運営委員長、クラブマネジャー及び運営委員で構成し、会議は随時開催し、次の事項を協議し決定する。
(1)事業の実施についての具体的諸事項の協議検討
(2)広報活動実施についての検討
(3)理事会に提案する議案の協議検討
2 運営委員会は、運営委員長が召集し、議長となる。
3 運営委員会は、構成員の過半数の出席(委任状出席を含む)をもって成立する。
4 運営委員会の決議は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(資産の構成)

第15条 本会の資金は、以下のものとする。
(1)会費
(2)事業収入
(3)補助金
(4)寄付金品
(5)その他の収入

(資金の管理)

第16条 本会の資金は、事務局が管理し、理事会の決定及び理事長の指示により支弁する。

(会計年度)

第17条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年の3月末日に終わる。

(自己の責任)

第18条 会員は本会の活動に際しては、本会の役員及び各種目部会の構成員の指示に従い、自己の責任において行動するものとする。
2 前項に違反して、盗難、傷害等の事故がおきても、本会の役員及び各種目部会の構成員に対して、損害賠償責任を請求しないものとする。

(障害保険への加入)

第19条 本会は、レクリエーション保険に加入し、活動中の事故については、当該保険の対象範囲で対応する。

(守秘義務)

第20条 本会の役員及び各種目部会の構成員は、本会の活動を通して知り得た個人情報について、十分配慮し、第三者への情報漏えいがないよう守秘を厳守するものとする。

(補足)

第21条 本規約に定めるもののほか、運営上必要な事項は理事会で別に定める。

附則

1.この規約は、平成24年2月25日から施行する。
2.事務所は第2条の規定にかかわらず、平成24年3月31日までの間、宮津市字柳縄手345の1宮津市教育委員会内に置く。
3.本会の設立当初の役員は、第9条の規定にかかわらず、宮津総合型スポーツクラブ設立準備委員会において決定する。
4.本会の設立当初の事業計画及び収支予算は、第13条の規定にかかわらず、宮津総合型スポーツクラブ設立準備委員会において決定する。


PAGETOP ▲