代表理事之独言




2017年11月20日
『NPOの底力』
  

この日は午後1時30分から、綾部で中丹パートナーシップセンター事業 “NPOの底力” という講座が開催されるということで、ナナと二人で参加してきました♪



その前に…

会場に向かう途中、覆面をかぶったパトカーにとめられる僕。



え、何っ??



って感じだったけど、なんか20kmほど速く運転してたんだってさ…(汗)


正直、あの空飛びそうなというか壊れそうなバウンバウンと変な音で走る僕のキューちゃんが通常より20km速く走ろうと思ったら運転してる僕にその気がないと上がらないと思うのですが、75km出てたと見せられたので本当なのでしょう。。。


坂道で自然に出てたとことられたのかな?

ま、捕まる時はそんなもんですよ。。。



さて本題。


綾部の総合庁舎にて、前にお世話になった南丹市のテダスの高橋氏を講師をしていただき、NPOの底力について、いっぱい勉強してきましたよ!

「なるほど!」 とうなずいたことを紹介したいのですが、このブログの中で伝えようと思ったら長くなるので、テダスの高橋氏が心を込めて作られた資料のさわりだけ紹介しますと…




これはもうNPO法人の初歩の初歩ですね…。
でもこれを理解していただくのがとても難しく、この資料は分かり易く作ってくださってると感心しました。。。



あと、NPO法が改正になるので、その修正について話がありましたが、この点についてはRAINBOWはみっちり勉強して定款を作ったので、問題なくクリアです (*^0゚)v



で、NPOゲームですよ。
みんなで楽しくゲームをしながら、体験談などで盛り上がります!


ナナのテーブルには丹後振興局の味田さんが、僕のテーブルには舞鶴ちゃったクラブの森さんがおられました。

森さんには僕からも今回の講習に声をかけさせてもらったのですが、このゲームの中では事務力の大事さが伝わるので、ちゃったクラブで事務を奮闘されてる天野さんにも参加して欲しかったなぁと思う。。。



このゲームをしていますと、重要なキーワードが沢山出てきます。

そのキーワードに引っかかり、「これはどういうこと?」 とか 「あ、これはまさにこの間までのウチのことですわ!」 と声を出すことでその点についてのアドバイス等を受けれることが最大の魅力なのですが、双六に夢中になりすぎてサイコロ振ることばっかりに気をとられてしまうと、良さが半減しちゃうので、大人数でやると、ちょっと残念だなと思うことがありました。

ま、それも勉強です!


このゲームを終えて、振り返りの際には、手をあげて発表もしてまいりました。

ちなみに僕が印象に残ったマスは資金調達(ファンドレイジング)についてです!




最後に、講習会を終えて…

色んな団体の方と話をさせていただき、行政や団体の補助の行き詰まりからNPOを取得したという法人が多いのが現実なのかと思う。

ま、僕もまだ沢山の法人と出会ったわけではないので、断定はできないですが…。

例えそうであったとしても、その現状を打開し、その活動を楽しめる体制を作らなければNPO法人格を取った意味がないというのが最近僕が常に考えていること。

そう意識した時、色んな角度から色んな出会いがふってくる。

その出会いをつなげていけばどうなるか…
そう考えるとウキウキしてならない僕であります。。。



Copyright (C) Sports Club RAINBOW. All Rights Reserved.