代表理事之独言




2018年2月1日
『キラッ人』
  

この日、京都新聞で僕が紹介されました。



【キラッ人】
NPO法人「Sports Club RAINBOW」代表理事
垣尾靖さん(47)=宮津市柳縄手


先代から続く理髪店を営む傍ら、宮津市の総合型地域スポーツクラブの代表理事を務める。 5年半の活動を経て昨秋、NPO法人格を取得。大きな期待と責任を背負う中 「初心者や苦手な人にもスポーツを楽しんでもらえる空間づくりを目指したい」と決意を込める。
幼い頃から理容師として働く父の姿を近くで見て育ち 「つながりの大切さや接客業の魅力を感じた」。 京都や大阪で修行を積み、後を継ぐために30歳で宮津に帰ってきた。
若者が流出し、かつてのにぎわいが失われた古里。 「居場所を作って皆で楽しみながら地元を盛り上げよう」 と、程なく同級生らとイベントサークルを立ち上げた。 球技からボランティアまで幅広く活動。 大会に出場して好成績を収めることもあった。
一方、競技性が増して勝ち負けにこだわる雰囲気も。 レベルや年代によってメンバーの間に温度差が生まれつつあるのも感じた。 「自分が当初思い描く姿ではなかった。チームの限界でした」
そんな折、市教育委員会から不特定多数の市民に門戸を広げ生涯スポーツを楽しめる総合型クラブへの移行を持ち掛けられた。 趣味の範囲を超える提案に不安も募ったが 「多種目、多世代、多志向」 というスポーツのあり方を目指す自身の理念と合致、申し出を受けた。
誰もが楽しめる雰囲気づくりに当たって 「相手を思いやるプレー」 を心掛ける。 「共に助け合い、気遣う共助の精神が大事。 それが地域力をつけることにもつながる」。 より良い組織運営に向け、試行錯誤を続ける。
(三鼓慎太郎)




良く書いてくださってありがとうございます。

なんか僕がよ〜頑張ってる感じですが、一人では出来ないことなんで…。
僕を助けてくれるスタッフのみんなや会員の皆さん、アドバイスくださる丹後の皆さんに感謝しています。。。



この日、新聞に載せていただき…
おかげで沢山の方から声をかけていただきました♪


夕方はFMたんごに出演させていただき…
そこでも僕自身、またRAINBOWをPRさせていただきました♪♪

DJの大江美帆子さん、優しくリードしてくれたので緊張せずに喋ることができましたよ。
ありがとうございました。


夜はバドミントンわかばで汗を流し…
最後はレトロカフェ長久堂さんにてほっこりさせていただきました♪♪♪



Copyright (C) Sports Club RAINBOW. All Rights Reserved.