代表理事之独言




2019年3月8日
『2019年3月、第1週目の話』
  

3月になりました。

年度末です。


毎年思うのですが、3月は来年度の活動計画や予算をたてるのに、また今年度終える準備に時間をゆったり使う月にしたいのですが…


何故だろう?


今年もイベントが入りまくりで、ほんま頭の中が混乱で爆発しそうです(苦笑)


そんな3月のまずは1週目の話をしたいと思います。。。



まずは2日(土)、いよいよこの日がやってまいりました。

日台友好感謝祭2019


いやぁ〜、ここまで色々ありました。。。


初めて関西健康の自由帳(略してカンチョー)の代表・大空くんから話を聞いたのは1月14日でした。

その時は車椅子バスケットボールやe-スポーツの情報を生で感じることが出来る絶好のチャンスだと1泊2日で参加させてもらおうと考えていました。

音楽フェスも開催されるイベントだったので、昨年末に開催した 『TSUDOI〜クリスマス座談会』 で出た希望意見「フェスに行きたい!」を実行するのにももってこいだなぁとも思いました。


しかし…


なかなか決まらぬ出演者、情報があがらないホームページに不安が大きくなり、最初予定していたRAINBOWスタッフが一人減り、また一人減り…


「本当に開催されるの?」


という声もあがりました。


それに対して僕は別に言い訳をする立場でもないし、そう口にする参加者の声を否定するつもりもなかったけど… 不満を口にするより、それらを反面教師にして 「自分なら〜」 と考える方がいいなと思った!

だって、RAINBOWだって、色々イベント開催していまだにそんなもんよ(>▽<;;


だからね…

今回のイベントに取り組むことは…

RAINBOW自身がそれらを言い訳にしない組織に変わる記念イベントだと思っています。。。


ですので今回は僕も、本業を臨時休業にさせていただき、みんなと一緒に参加させていただきました!

RAINBOWからの参加メンバーは僕・ホソ・ハルちゃん・あみほし・チエっちゃん・瞳ちゃんの6名。 9時前、会場となるグランフロント大阪に到着し、それぞれが決まってるようで決まっていない配置につきます (゚∇^d)


とりあえずまずRAINBOWは車椅子バスケットボールのお手伝い。
コートの周りに立ち、コートから出たルーズボールを拾う役ですね。


ちなみにコートはこんな感じ !!w(゚o゚*)w

このフロア材、どれくらいの枚数で作られているのか気になって気になって… コソコソ数えた結果、縦45枚横54枚合計2,430枚で作られていましたよ!


今回の車椅子バスケットボールは普段活動されてる社会人チームや大学生チームが模範試合を見せてくださり、僕らはプレーはしませんでしたが、協賛金を出させていただいてたので、選手の着るTシャツの背番号の上に大きくRAINBOWのロゴを入れていただきました。
これ、スゲ〜嬉しかったぁ〜 ♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪


車椅子バスケットボールの手伝いの後も、ファッションショーやライブの柵係り、姫神CRISISとSTARMARIEの握手会等整理、ゴミ処理、ドアボーイ等々、昼飯も食わずに頑張りましたよ!

確かにしんどかったけど、ボランティアってそんなもんよね。
さすがに色んなボランティアしてきたから、想定内だわな!

ただ、柵係りは↑の姿勢で2時間って… それはさすがにキツい Σ( ̄ロ ̄lll)


でも… まぁ… なんだかんだ、メンバー6人が 「来て良かった」 と思ってくれたみたいだし、あと一週間でRAINBOWを卒業するあみほしと一緒に思い出が作れたことが良かった♪


今回のボランティアで感じたことは良くも悪くもRAINBOWに活かしていこう p(´∇`)q


3日(日)はファミリーフットサルのスタッフ&参加者で鍋大会をしました。

今年度、残すところあと2回のフットサル活動なのですが、前回、相変わらずダラダラしちゃった子供たちと話をするも糠に釘でした (≧ヘ≦)
やはりこのままでは駄目なので…
今後も活動を継続させていく為にどう取り組んでいくか、みんなで真剣に楽しく語り合ったのです。

想いを一つに出来る仲間がいること…幸せだなと思う夜でした。。。


その翌日(4日)、ヨッシーが転勤の為、最後のファミリーフットサルとなりました

練習の最後にヨッシーが子供たちび向けたお別れの言葉は… 前日にみんなで話した参加者みんなの想いでした。


「みんなはサッカー好きですか?
好きならいつまでも続けたいよね?
そのためには怪我しないようにちゃんと準備体操してくださいね。
そして見守ってくれるお父さんやお母さんやスタッフの人たちに感謝しような…。」



ありがとうヨッシー。
その子供たちへのメッセージは僕たちが引き継いでいきますから…。

ヨッシーも新天地で頑張ってください。 さようならヨッシー。。。


6日(水)、おでかけRAINBOW(スローエアロビック)も最終日

宮津市健康増進係との打ち合わせが後回しになりすぎて、年度末に詰め込む結果になりましたが、RAINBOWとしてはじめて公民館をまわらせていただき、手応えも感じることができました!


2月9日(養老)…16名(内男性3人)
2月13日(栗田)…6名
2月13日(府中)…6名(内男性2人)
2月27日(由良)…8名(内男性2人)
2月27日(日置)…6名(内男性1人)
3月6日(吉津)…13名(内男性2人)



延べ人数55名(内男性10人)で終了いたしました!

来年度、RAINBOWなりに分析もして、おでかけRAINBOWを続けていけたらいいなぁと思いましたよ。。。


7日(木)はRAINBOW主催で初めて防災イベントを開催しました。

始まりは一ヶ月前の2月6日…
典さん・FMたんごのDJ・ヒビキくん来年度はRAINBOWでも防災に取り組んでいきたいと話をしてたら、ヒビキくんに 「だったら北丹後地震が起きた3月7日に何かしたらどう?」 と背中を押されまして…

そこから宮津図書館の職員さんに丹後郷土資料館を紹介していただいたり、ハチハウスさんに場所を貸していただくお願いに伺ったり、急ピッチで準備をし、この日を迎えたのです。。。


さんに指導を受けながらの 『いつもの備え座談会』

丹後郷土資料館で借りた写真を見ながら、防災グッズや携帯トイレについて学んだり、阪神大震災の時の経験談をみんなで話し合ったりしました。


気がついたら終了予定時間を大幅にオーバーしちゃいました σ(^_^;)

Facebookを参考に参加者の声を紹介させていただきます。。。


【和田宮の感想】
3月7日(1927年)は北丹後地震に襲われた日だ。
今夜、安田典充さんとRAINBOWの協同企画 『いつもの備え座談会』 に行ってきた!
知ってると知らぬでは大違いの貴重内容、おかげで充実の一日になった。
毎年震度4以上の地震が発生している日本。
災害も極めて身近な日本。 いや、私達の住む場所。
日頃の備えと、いかにコミュニティを醸成しておくかって大切この上なしだなぁ。



【ハチハウス・ななさんの感想】
安田典充さんとRAINBOWさんとのコラボ企画 「いつもの備え座談会」 の日でした。
今日は1927年に起こった北丹後地震のパネルなどを見たり、阪神大震災の資料を見たりの座談会でした。
常備しておかなければならない物から、仮設トイレの作り方や、防災スィーツ、簡易的なお皿の作り方、防災体操なんかもやりました。
阪神大震災は関西人には誰もが経験していることです。
その時代に神戸にいた人ももちろんいたし、その時の経験を沢山聞かせてもらうことが出来ました。
毎年震度4以上の地震がどこかで来ているのにも関わらず、防災意識がまだまだ低いです。
自分が危険な目にあってからじゃないと防災意識は高くなることがありません。
まずは自分の命と大好きな人達の命を守る為にも知っておくべき事が沢山ありました。
みんな歳も違うし、経験もそれぞれで、個々に経験した事から沢山の学びがありました。 でも結局どんなに備えていても人を救うのは人でしかないと思います。
日頃の近所とのコミニケーションや、関わり方が被災した時にすごく生きてきます。
いかに手を取り合うか? 苦しい中でも前向きに生きられるか? など日頃の人との付き合い方ですごく変わってきます。
日頃の付き合い方を変えることが防災意識を高める事だと思います。
ぜひご近所さん付き合いから見直してみてはどうでしょうか?
座談会形式とても話しやすくて、いい企画だと思いました。 ありがとうございました!



【IDEゆうゆうクラブ・西村くんの感想】
今回はRAINBOWさんにお邪魔して、「いつもの備え座談会」 に参加しました。
災害時に役立つ講習や災害の体験談など、沢山の話ができました。
災害時に役立つのは地域力だと感じましたし、そういったコミュニティを構築する役割をスポーツクラブが担っていけるよう頑張りたいと思いました!



行きつくところはみな同じ…
自分のことだけでなく人のことを思いやれるかどうか…
地域力なんですよね。
またRAINBOWの役割りを再確認できた夜になりました。。。


そして8日(金)、この日のソフトバレービギナーズをもって、あみほし…こと亜望ちゃんがRAINBOWを卒業することになりました。


2016年の夏よりRAINBOWに参加してくれるようになり、2018年度はソフトバレービギナーズ担当のスタッフとして頑張ってくれた亜望ちゃん。

不定期のメニューなどスタッフが少ない時に声をかけるといつも快く協力してくれました。 本当にいっぱい助けていただいたなぁとつくづく思う。


その一方で、悩みだすとトコトンまで悩む弱さがあり、その相談で長電話になることもありました。 ですが最近は、それもらしさだなぁと… 眉を八の字にして走り回る亜望ちゃんを頼もしく思うようになりました。


誰よりも早く準備してくれてありがとう。

ストレッチの大事さを行動で示してくれてありがとう。

ハロウィンのイベントではいつも仮装してくれてありがとう。

奏笑をほっとかないとダメな時、いつも奏笑の相手をしてくれてありがとう。

ソフトバレーだけでなく、イベントにも会議にも講習会にも積極的に取り組んでくれたこと、いくら 「ありがとう」 と言っても足りませんね。


転勤先の京都は華やかだから楽しみも多いだろうけど、その分、ぶち当たり悩むことも多いかもしれないね。 でも僕は… 亜望ちゃんなら大丈夫だと確信しています!

どうぞ… 寂しがらずにRAINBOWから飛び出してください。 心から応援していますよ!


そしてまたきっと… RAINBOWに元気な顔を見せてくださいね。
その日を楽しみにしています。

それでは亜望ちゃん、お体に気をつけて…
RAINBOW卒業おめでとう!!!!



Copyright (C) Sports Club RAINBOW. All Rights Reserved.